Skip to product information
  • タンザニア キリマンジャロ スペシャルティコーヒー豆 珈琲 通販
  • タンザニア キリマンジャロ スペシャルティコーヒー豆 珈琲 通販
  • タンザニア キリマンジャロ スペシャルティコーヒー豆 珈琲 通販
  • タンザニア キリマンジャロ スペシャルティコーヒー豆 珈琲 通販
  • タンザニア キリマンジャロ スペシャルティコーヒー豆 珈琲 通販
  • タンザニア キリマンジャロ スペシャルティコーヒー豆 珈琲 通販
  • タンザニア キリマンジャロ スペシャルティコーヒー豆 珈琲 通販
  • タンザニア キリマンジャロ スペシャルティコーヒー豆 珈琲 通販
1 of 8

タンザニア キリマンジャロ ムウィカ組合
【深煎り】200g
カカオやオレンジのような香り、苦味を感じた後の甘い余韻が心地いい、ジューシーで程よい酸質
苦味 ★★★★☆
酸味 ★★★☆☆
甘み ★★★★☆
コク ★★★★☆
香り ★★★★★

ニュークロップ
Regular price
¥1,500 JPY
Regular price
Sale price
¥1,500 JPY
豆の状態

タンザニア キリマンジャロ ムウィカ組合の特徴

カカオやオレンジのような香り、苦味を感じた後の甘い余韻が心地いい、ジューシーで程よい酸質
苦味 ★★★★☆
酸味 ★★★☆☆
甘み ★★★★☆
コク ★★★★☆
香り ★★★★★

 

生産国:タンザニア
生産地:キリマンジャロ地域 ロンボ地区
生産者 :Mwika(ムウィカ)組合に所属する930名の農家さん
標高:1,300-1,600m
品種:ブルボン、ケント
精製:ウォッシュド

 

タンザニア キリマンジャロ ムウィカ組合の生産者情報

ケニアにも引けを取らない、鮮やかなフレーバー

19世紀にドイツの宣教師によってタンザニアにコーヒーを持ち込まれて以来、キリマンジャロ周辺ではコーヒーの栽培が続けられ、今ではタンザニアのコーヒーを代表する主要産地となっています。
このMwika(ムウィカ)組合は1994年に結成され、現在組合に所属するのははおおよそ930世帯の小農家さん達。
彼らは自分たちの組合でウォッシングステーションを構え、チェリーの収穫後、すぐにパーチメントの状態にするよう加工をしています。
その為、チェリーの長期保管によって発生する予期せぬ発酵や腐敗を防ぐことができ、品質を安定させることに成功しています。
火山の影響で肥沃な土地で育つコーヒーはフルーツのようなフレーバーが顕著。
その質の高さから、近年ではアメリカからの関心が高まり、徐々にアメリカ向けの輸出が増えてきているそうです。
タンザニアはスクリーンサイズで等級が決まりますが、同じエリアのクロップのスクリーン違いでカップをすると、面白いことに大体のコーヒーで似たような傾向があります。
小さな粒も含んでいるABはそのサイズの小ささ故か、フレーバーや酸に凝縮感を感じ、口に含んだ瞬間の広がる華やかさに優れています。
一方、粒の大きいAAはマウスフィールや、アフターの長さに優れています。
これは種子が大きくなるまで時間がかかるので、その間にじっくりとチェリーの甘さを蓄える為かと推測しています。